Egoisten  ゲーム、マンガ、映画、時々ねこ

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト :2011.03.30 Wednesday  

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



信じてはいけない :2011.02.20 Sunday  

「無償の愛」は側面的だ。
それを信じていいのは、与える側だけだからだ。
自分のやっていることを無償だと、見返りがいらないものだと、信じることは自由。
だけど、人のやっていることを、人のしてくれることを、都合のいいように固定化することはできない。
たとえ信じても、それはできない。

人は自分にとって都合のいいことを信じるからだ。
と、いうよりも。
信じることそれ自体が、自分にとって都合のいいことだから。
浮遊する価値観を、流動する物事を、瞬間で切り取って固定化する。
それが信じるということ。

だから、無償の愛は信じられない。
信じてはいけないと思うのだ。

世界は信じた瞬間に切り離される。
常に更新されるはずのフレームが、信じた瞬間に遅れてしまう。
信じた瞬間にもはや相手は見えず、過去に信じた何かを相手に当てはめてしまう。
そしてその当てはめは自分にとって都合のいい、素敵なきれいな思い出だ。

そんな思い出には、そんな瞬間には、当たり前に裏切られる。

世界には当たり前になんだって起こる。
平和すぎて遠いことのような気がするだけで、明日死ぬかもしれない。
通り魔に残酷に殺される明日があるかもしれないし、北朝鮮のミサイルで考える間もなく死ぬ明後日があるかもしれない。
立ち上がれない程悲しいことも、気が遠くなるくらい幸せなことも、明日起こりうる。
ただの確率の問題だ。

それなのに、限られた条件だけで、わかった気になって、勝手に信じて、勝手に絶望する。
そんなの勝手すぎるし、そんなギャンブルには負けて当然だ。

信じる対象は過去、愛する対象は現在だ。
混同してはいけない。
今をおろそかにして、相手も見ずに、過去にすがりつくなんてナンセンスだ。

心を穏やかに、今の相手を見て、変化に対応して、それを、その都度受け入れる。
そのほうがずっと大変だけど、ずっと素敵だと俺は思う。




スポンサーサイト :2011.03.30 Wednesday  

- . -



+ comment





Profile

Category

Archives

admin