Egoisten  ゲーム、マンガ、映画、時々ねこ

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト :2011.03.30 Wednesday  

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



iPhoneでショーシャンクの空に :2010.11.15 Monday  

iTunesで映画が観れるようになったので、早速試してみた。

購入は1000〜2000円程度。
レンタルは300〜600円程度。
ただしレンタルは30日以内の再生期限がある上に、再生開始から48時間で権限が消えてしまうので、観たい時にいつでも観れるわけではない。

それにもともとレンタルであればゲオやらTSUTAYAやらで安く借りて見れば良いので、後悔のないように名作を買った。

「ショーシャンクの空に」
原題 "The Shawshank Redemption"

昨日はずっとゲームをしていて、終えたのが朝5時。
せっかく買ったんだし眠くなるまで観てみようと思って・・・、気付けば空が白んでいた。


『モーツァルトを聴いてたんだ』

「穴蔵でレコードを?」

『頭の中でさ。

 心の中でも。

 音楽は決して人から奪えない。

 そう思わないか?』



これは狭い刑務所の中の話。

だけど、主人公は深く広く自分の世界をもっていて。

だから、空間や自由の狭さと心の広さとの対比が、凄く効果的だった。



どんなにひどい状況に置かれても、決して「希望」を捨てない。

そしてそのもとに確実に計画を「実行」する。



傑作にはいつの時代も通じるものがある。

それがいつも人の胸を打つ。

普遍的とはこういうことだと、しみじみ思った。
JUGEMテーマ:洋画








/ 1 / 1 /

Profile

Category

Archives

admin